築古不動産投資

【初心者必見】都内築古区分ワンルーム不動産投資1軒目の完全マニュアル

かりや
【都内】築古区分ワンルーム不動産投資の初心者から中級者向けの物件購入のノウハウをまとめました。

 

『【都内】築古区分ワンルーム投資が何なのかよくわからない』という人から、『現在マンションを1区分保有しているけど 買い進める物件について悩んでいる』という方向けのまとめページです。

このページを上から順番に読んでいくことで、都内築古区分ワンルーム不動産投資の基本を学ぶことができ、正しく取り組めば2年で月50万円以上の収益を得られるレベルになります。

一般的には「不動産投資なんてお金ないし、怖い」って思われていますが、そんなことないです。というより、想像しているほどお金なくてもできるし、怖くもないです。

 

もちろん投資なので絶対はないですが、毎月の固定収入は間違いなく人生を豊かにします。さらにその固定収入が、労働収入ではなく不労所得なら嬉しいですよね。僕自身も家賃収入による不労所得の恩恵を受けています。この経験を広めたいと思い、都内の築古区分ワンルーム不動産投資のやり方をまとめました。

 

それではみていきましょう!

 

【補足】記事の信憑性

僕の本業は会社員ですが、副業の不動産投資家として家賃収入のみで月収50万円を超えています。

 

はじめに|不動産投資1軒目を検討してる初心者へ

不動産投資を始めるには、「基礎を理解したら業者には行かず自分で物件リサーチ」がオススメです。

下記の記事を全て読むことで、【都内】築古区分ワンルーム投資の全般知識がわかり、実際に不動産購入までできるようになります。

 

まずはこちらから、ざっくりしたイメージを持ってみましょう。

初心者必須
都内築古区分ワンルームマンション投資をはじめよう

続きを見る

 

 

都内築古区分1R(ワンルーム)の良さ

都内の築古区分ワンルームマンション投資の5つのメリットをまとめました。なぜ、失敗しないのか、納得できる内容ですのでご覧ください。

5つのメリット
完全版|都内築古区分ワンルーム投資が失敗しない理由【5つのメリット】

続きを見る

 

もちろんメリットがあればデメリットもあります。

3つのデメリット
【知らないと大損】都内築古区分ワンルームマンション投資の3つのデメリット

続きを見る

都内の築古区分ワンルームマンション不動産投資におけるメリットとデメリットは、他でまとまってるところがないので、こちらでしっかり抑えておきましょう。

 

不動産投資で1軒目を買うには、何が必要?

不動産投資をするならローンを組んだ方がいいです。ここではローン(銀行融資)の組み方をはじめ、不動産投資に必要なことをまとめてます。

 

現金購入の場合

ちなみに、不動産は一括現金で購入することも可能です。ただ、まとまった多額の費用がかかり、不動産投資の良さであるレバレッジが効かないのはもったいないです。

不動産投資のレバレッジとは?

「少ない自己資金で大きな利益を得る」ことです。

少ない自己資金と銀行からの融資によって、自己資金だけでは実現が難しい投資効果を得られます。不動産投資では、少ない自己資金と銀行から融資でより大きな物件を購入することで、大きな利益を得ることができます。

不動産投資はローン(銀行融資)を引いてできる唯一の投資手法です。ぜひとも最大限活用することををおすすめします。

では、金融機関からローンを引くにはどうしたらいいのか気になりますよね。次で解説してるのでご覧ください。

 

不動産投資ローンを使うには、何が必要?

属性(勤続年数、年収、会社)

金融機関からローン(銀行融資)を引いてもらうには、以下の条件があります。

  • 勤続年数が3年以上
  • 年収400万円以上
  • 勤務先の企業の規模(大企業ほど有利)

※社会情勢や経済、景気によるのであくまで目安程度に捉えてください。

 

補足ですが、上記に当てはまらないからと言って諦めなくてもOKです。金融機関によって審査基準が異なるので金融機関に問い合わせてみてください。

 

不動産購入にかかる費用は全部で6つ

金融機関から融資が降りたとしても、都内築古区分ワンルームではフルローンが出ることは稀で、頭金や諸費用を準備する必要があります。

不動産を購入するときかかる費用をしっかり理解して、準備していきましょう。頭金の他に必要になるのは、一般的には以下の6つです。

・仲介手数料:20~30万円程度

・印紙代:1~3万円程度

・火災保険などの保険料:3~5万円程度

・不動産登記代(司法書士代、登記手数料):10~25万円程度

・固定資産・都市計画税(日割り):1~2.5万円程度

・不動産取得税:5~10万円

頭金の他に、上記の費用約50万円ほど必要になります。厳密には不動産取得税は、すぐに支払うものでなく購入後数ヶ月後に支払うので40万円くらいかと思います。

 

不動産投資の物件リサーチ

都内築古不動産ワンルーム投資

ここからは、都内の築古区分ワンルームマンション投資の基礎知識として、物件のリサーチ、買付証明書の送付を学びましょう。下記2つの記事では、損をしない為に必要なノウハウをまとめ、物件買い付けの際に一番最初に必要になる書類のテンプレを無料配布しています。

【まずはココから】物件リサーチの心構え

まずはココから!
不動産投資の物件リサーチの心構え

続きを見る

 

【初心者向け】物件リサーチの手順〜サイト登録から問い合わせ〜

【初心者向け】
不動産投資の物件リサーチ手順

続きを見る

 

【本当は教えたくない】物件の検索条件と物件情報のチェックポイント

【本当は教えたくない】
【本当は教えたくない】物件の検索条件と物件情報のチェックポイント
物件の検索条件と物件情報のチェックポイント

続きを見る

 

買付証明書とは?【不動産物件の購入意思表示】

目ぼしい物件が見つかったら、不動産業者に買付証明書を送りましょう。

【不動産物件の購入意思表示】
買付証明書とは?

続きを見る

 

 

不動産投資1軒目の契約までにチェックしておくこと

重要事項に係る調査報告書】過去履歴を参考に物件の良し悪しをみる

【超有料級】
「重要事項に係る調査報告書」とは?確認すべきポイントは?

続きを見る

 

【現地確認】自分の目で投資物件の良し悪しを確かめる

物件の現地確認が必要な理由と確認項目を網羅的にまとめています。

現地確認は重要!
【パターン別に完全網羅】現地で不動産投資物件を確認する時のポイント

続きを見る

 

【賃貸借契約書】今住んでいる人が問題ないか確かめる

オーナーチェンジ物件の場合、賃貸借契約書をみて住居人を確認しないと後々損失してしまう可能性があります。それを未然に防ぐ確認項目をまとめました。

確認が漏れると損失リスク
賃貸借契約書のチェックポイント

続きを見る

 

ローンの申し込みから契約までの手順

お金を借りることは、そう簡単ではありません。申し込み時に知ってると役立つ情報も書いてるのでご覧ください。特に初心者だと金銭絡みの話になってくるのでこの辺りから少しずつ不安になる部分だかと思います。

知らないとマズい
金融機関へのローン申し込みから契約までの詳細手順

続きを見る

 

売買契約の準備と重要事項説明書の確認

売買契約するにあたって何を確認すればいいのか迷うと思います。以下の記事で解説してます。

たった2だけ
他では決して教えてくれない売買契約書・重要事項説明書の確認事項

続きを見る

 

火災保険の手配

火災保険も確認すべきポイントがあります。不動産投資の初心者向けに、その辺りにも触れつつ解説してます。

99%安心
不動産投資の火災保険の手配

続きを見る

 

不動産登記と司法書士の手配

不動産の登記方法と司法書士の手配の仕方を解説してます。

不動産登記
司法書士の手配方法と金額を公開!

続きを見る

 

残金決済の準備と支払い

ここまでくれば完了間近です。残金決済までの流れを解説します。

あと一歩!
残金決済の準備と支払い【ラストスパート】

続きを見る

 

 

物件所有後の運用や売却の出口戦略について

ここまでご覧いただきありがとうございます。

都内築古区分ワンルームの1件目の購入の流れをつかめたかと思います。

最後に、以下は、僕の実際の所有物件のシミュレーションです。どの様な収支・売却シミュレーションになるのかご覧ください。

【徹底検証】
築古区分マンションの収支と売却シミュレーション

続きを見る

以上です。

では、よい不動産ライフを~!

  • この記事を書いた人

かりや

【不動産買う前に絶対読んで!】旧帝国大卒31歳 | 会社員辛すぎ→不動産投資開始→家賃月収50万達成! | "20代の普通の会社員が家賃収入月50万円達成するため情報発信" | 8区分所有 | 不動産投資4年目 | 資産管理法人経営3年目 | 都内築古区分ワンルームマンション | ブログ3週間でGoogle検索1位表示 ツイッターのフォローはこちらから

-築古不動産投資
-, , , , , , , , , , ,