不動産投資

買付証明書とは?【不動産物件の購入意思表示】

https://invest-business.jp

悩む会社員
不動産投資での買付証明書って?作成時や送付時の注意点とか気にすべき点が知りたいなぁ。

 

こんな不安を解消します。

 

本記事の内容

  • 買付証明書について
  • 作成時の注意点
  • 買付証明書の強制力

 

僕は会社員しながら、2018年から不動産投資をはじめました。現在は、家賃収入が50万円があります。

 

不動産購入する際、不動産業者との最初のやりとりが買付証明書の送付です。漢字からどういった書面なのか想像できると思いますが、作成時の注意点や効力など理解していないと後々損してしまう可能性があります。

 

そこで、今回は「買付証明書について」網羅的に解説します。

 

2分程度で重要ポイントが理解できるのでお付き合いいただければと思います。

 

では、早速みていきましょう。

 

買付証明書とは?

買付証明書とは?

買付証明書は、売主に対しその物件を買いたいという意思表示するためのものです。
買付証明書に最低限記載する必要がある内容は以下の通りです。

  • 物件名、部屋番号
  • 物件住所
  • 購入希望金額
  • 【重要】(融資を使う場合)ローン特約を使う旨
  • 自分の氏名
  • 自分の住所

購入希望金額、ローン特約について詳しく見ていきます。

 

買付証明書に記載する『購入希望金額』

物件のチラシに記載されている金額は、あくまでも売主が「この金額なら売りたい」と提示している金額で、必ずしもその金額通りに購入希望金額を記載する必要はありません。

 

チラシより購入希望金額を低くすることを「指値」と呼びます。

メモ

売主側としても、チラシに書いてある金額が最低ラインであることは稀で、少し高めに金額を書いている場合が多いです。

 

そのため、指値を行なったとしても、売主の思う最低ラインを下回っていなければ、値引きをしてくれることも多くあります。

 

注意ポイント

ただし、注意点としては、指値を行なった場合、その金額よりも高い金額を、他の人から提示されたら自分の買付証明書は流れてしまいます。

 

欲をかいて気に入った物件にも指値を出して、結果として流してしまうことはとてももったいないです。

 

無闇に指値をするのではなく、利回りを計算してこの金額なら買いたいと思うラインを指値を出し、既に買いたいと思うラインを下回っていたら指値はしない方が良いです。

 

初心者にとって何より重要なのは、「安く買うことより、1件目を確実に購入し、実績を積んでいくこと」です。

 

この心構えを持って、購入希望金額を決めましょう。

 

ローン特約:記載漏れ注意

銀行融資を使うのであれば、必ずローン特約を使う旨を記載するようにしましょう。

ローン特約については、この後の行程で損をしないためのものです。
》ローン特約とは?

 

実際のところ、ローン特約を使わない方が、物件確保の観点からは有利です。

 

参考

売主側としては、融資審査次第で流れる可能性があるローン特約ありの申込より、ローン特約なしの申込や現金購入での申込の方を歓迎します。

 

そのため、ローン特約をつけて買付証明書を出すことは、その物件を逃す危険性もあります。それでも初心者にとってローン特約をつけないで申し込むことはとてもハードルが高いです。

 

最悪の場合、現金一括で購入しないといけない事態にも陥ります。

 

なので、ローン特約を使う旨の記載は忘れないようにしましょう。

 

買付証明書を不動産業者に送る

不動産業者には、FAXかメールで買付証明書を提出しましょう。

 

買付証明書を送ったら、電話で到着確認をして、1番手を取れているのかを確認しましょう。この一手間をすることで、物件を確保できる可能性が高まります。

 

買付証明書の強制力について

買付証明書は、送ったからと言って必購入しないといけないほどの強制力はありません。

買付証明書を送った後も物件の調査は続き、致命的な問題が発生したら購入希望を取り消すことができます。

 

なので、この買付証明書を送るハードルはとても低く設定した方がいいです

これなら買えるという基準を超えているなら、すぐに買付証明書を書いて、不動産会社に送る

これを徹底しておかないと、いい物件は他の人も見ているため、すぐに他の人に取られてしまいます。

 

かりや
「どうせ流れる可能性もあるし、とりあえずは送るか」くらいの気持ちで対応することを強くおすすめします。

 

以上が、買付証明書の送付についてです。

買付証明書を出したら、不動産オーナーに向けてかなり前進です。是非ともこの内容を覚えて、不動産オーナーの一員になりましょう!

  • この記事を書いた人

かりや

【不動産買う前に絶対読んで!】旧帝国大卒31歳 | 会社員辛すぎ→不動産投資開始→家賃月収50万達成! | "20代の普通の会社員が家賃収入月50万円達成するため情報発信" | 8区分所有 | 不動産投資4年目 | 資産管理法人経営3年目 | 都内築古区分ワンルームマンション | ブログ3週間でGoogle検索1位表示 ツイッターのフォローはこちらから

-不動産投資
-, , , , , , , , , , ,