不動産投資

【20代必見】不安解消のために会社員が3ヶ月で築古不動産物件を買った方法

悩む会社員

数年前に就職して自立したものの、20代となると人生の先は長いし、終身雇用はなくなるだろうし、ぶっちゃけ年金も貰えるかわからない…。将来が不安なんだけど、どうしたらいいのだろう…。だれか不安をやわらげる方法を教えてください、、、。

 

こんな不安を解消します。

 

本記事の内容

  • 不安をやわらげるためには、考え方を変える必要がある
  • 僕が実践した再現性高めの【備え】を公開
  • 将来に対する不安は【備え】で軽減できる

 

 

この記事を書いている僕は会社員をしつつ、副業で不動産オーナーをやってます。副業だけの収入というと、約50万円くらいになります。

 

20代の会社員のよくある悩みとして、「将来が不安だけど具体的に何も対策できてない…」という点があると思います。

 

僕も元々は漠然としていたものの将来に対する不安を抱えていて、具体的な対策が出来ずに社会人6年が過ぎていました。このままではいかん!と、思い切って投資などに挑戦したものの詐欺で80万円を失ったり…。

 

とはいえ、ここ3年、僕が考える正しい行動し始めてから20代がどの様に将来に対して対策していけば良いのかコツが掴めてきました。そこで今回は、「将来の不安を軽減する考え方」を僕の事例を交えて解説していこうと思います。

 

※3分ほどで記事は読み終わります。3分後には、今までよりも「将来の不安に対する考え方」ができるようになっているはずです。

 

20代が将来の不安をやわらげるためには、考え方を変える必要がある

 

結論からいうと、将来の不安をやわらげるには、会社や組織に依存しないことです。

 

自分の生活は自分でやり繰りするぞ!という考え方が重要になってきます。

 

すでに知っていると思いますが、一度就職した会社で定年退職まで勤め上げることが難しく、さらに定年退職後に年金を受け取る事も難しい時代だからです。

 

身近な例でいうと、積立ニーサやイデコは仕組みは分からなくとも名前くらいは聞いたことがあるかと思います。一言で言うと、老後の為の資産形成を国が勧めているんですよね。

 

つまり、これからの時代は自分の老後は自分でどうにかしてくださいねという国からのメッセージと受け取るべきです。

 

そんなこと言われても今の生活で手一杯だし、老後の心配をする余裕はないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

では、想像してください。あなたの50年後にお金がなくて今の様に働けますか。大半の方が難しいと思うはずです。だったら今、若いうちに少しだけ我慢して将来の為に時間やお金を使う方がいいですよね。

 

なので、まず自分の生活を自分でやり繰りするぞ!という考え方を身につけていただきたいです。

 

 

では、次に手初めにやるべき具体的な方法を解説します。

 

僕が実践した再現性高めの【備え】は、節約

 

将来への【備え】は、節約をすることです。

 

いやいや、ここまで読ませて節約かよ、、、。なんて思った方、毎月の収支を把握していますか。将来に対して不安があるのに現状把握ができてないのは、大問題です。

 

 

以前、ツイートもしているのですが、収入を増やす前に支出を減らすべきです。

 

将来に備えて貯金するにも投資をするにもお金が必要ですよね。手元のお金を増やす方法は2通りしかありません。

①収入を増やす

②支出を減らす

 

上記いずれかの方法しかなく、すぐに行動できて即効性があるのは「②支出を減らす」です。毎月1万円でも支出が減らせれば年間で12万円です。

 

12万円という金額を多いと感じる方、少ないと感じる方様々かもしれないですが、12万円でできることは沢山あります。※12万円を活用した具体的な方法は、別の記事で解説しますね。

 

僕は、支出を減らすために毎月の生活の無駄を把握するために家計簿を付けて徹底的に無駄を減らし、節約しました。以下は、僕が実際にやったことのリストです。

  • 目標の貯金金額を立てる
  • マネーフォワードをダウンロードして家計簿をつける
  • 外食を減らす
  • 不要な保険を解約
  • 格安スマホに変える

 

たった5つの行動で、月の支出を約5万円ほど抑えられました。2018年2月から節約開始して、元々の貯金と節約で貯めたお金を頭金にして、2018年5月には1軒目の築古不動産を購入しました。

 

ポイント

目標は必ず設定しましょう。目標がないと「何のために節約しているんだっけ?」と途中で迷子になって継続できなくなります。目標の例はこんな感じです。

【築古不動産物件を買うために、5月までに節約で15万円貯める】

といった感じで、「なんのために」「いつまでに」「どれくらい」を具体的にしましょう。

 

とはいえ、「そんなに節約できない!」という方もいるかと思います。それでも多少なりとも意識することが大切です。冒頭でもお伝えした通り、自分の生活は自分でやり繰りするぞと考え方を変えていきましょう。考え方が変われば、必ず自然と行動も変わります。

 

だって、将来が不安でこの記事にたどり着いたハズなので、少しずつ行動は出来ています。僕もはじめはググるところから始めたので、一緒に将来に備えて頑張りましょう。

 

なので繰り返しになりますが、まずは節約から始めましょう

 

将来に対する不安があるなら【節約】からはじめよう

 

将来に不安があり、具体的な対策や備えができていない方は、節約から始めましょう

 

節約でお金が貯められれば、いざという時のための備えともなりますので。その上で、目標の設定は必須ですね。目標がないと「何のために節約しているんだっけ?」と迷子になってしまい継続できなくなってしまいます。

 

僕自身、2013年頃から不動産投資に関心があったものの、購入に至らなかった理由も目標設定でした。ただ、無理すぎる目標設定も継続できなくなるので、できる範囲での目標設定にしましょう。

 

ということで、今回は以上になります。

 

身の回りの無駄を減らして将来に備えていきましょう〜。

 

ちなみに、無料相談も受付てますのでお気軽にお問合せください^^

  • この記事を書いた人

かりや

【不動産買う前に絶対読んで!】旧帝国大卒31歳 | 会社員辛すぎ→不動産投資開始→家賃月収50万達成! | "20代の普通の会社員が家賃収入月50万円達成するため情報発信" | 8区分所有 | 不動産投資4年目 | 資産管理法人経営3年目 | 都内築古区分ワンルームマンション | ブログ3週間でGoogle検索1位表示 ツイッターのフォローはこちらから

-不動産投資
-, , , , , ,